友達を作るには?友達を作るコツ・友達を作る方法とは

進学や進級、就職をして新しい環境で過ごすことになる時期には多くの出会いがあり、それは友達を作る大きなチャンスに繋がります。

しかし、これまでなかなか友達ができなかったことで悩んでいる人も多いことでしょう。人間関係は誰もが抱える悩みですが、「それを相談する友達すら作ることができない」ということで悩んでいる人が多いかもしれません。

ですが、実際にはどんな人とでもすぐに打ち解けられ、自分から友達を作れるという人もいます。友達が多い人は常に楽しい時間を過ごしたり悩みの相談もできるため憧れるものです。

そこで、今からでも仲の良い友達を作るには、どのようなコツや方法があるのでしょうか。
孤独にならないための友達の作り方

友達を作るには?

友達を作るには、今ではSNSやオンラインゲームなどで人と簡単に繋がることのできる時代です。しかし、現実世界での友達は全く作れないことで悩んでいるのではないでしょうか。

幼稚園や小学生などの幼い頃には自然と友達を作れていたのに、年齢を重ねるにつれて友達を作れなくなってきたと感じているかもしれません。また、大人になってからは友達が全くできないということもあるでしょう。

友達がいるということは趣味や遊びだけを楽しむのではなく、悩み事の相談や助け合いができる存在でもあるため、とても大切なことです。

しかし、なかなか人付き合いがうまくいかないことや考え方の違いなど、友達を作れないということ多いのです。

その中には人見知りや過去の経験から、友達を作りたいと思っていても自分を引き出すことができず、最初の印象を悪くしてしまうことで友達を作るきっかけを逃すこともあるのです。

友達を作るコツ

友達を作るコツがあります。友達が多い人のほとんどは、友達を作るコツを掴んでいます。またはそのコツを自然に掴んでいて無意識に実践しています。

そもそも、人は初対面だけで友達になるのは難しいものです。同じクラスや職場、趣味や遊びの場で頻繁に顔を合わせることや会話でコミュニケーションを取り、次第にお互いを理解することで打ち解けることで友達になるものです。

そのため、友達を作るコツとしては出会った時からの時間の過ごし方です。その時間をうまく過ごすことでお互いに信頼関係が生まれ、お互いに「知人」から「友達」という関係になるのです。

ただ、その際には「人に嫌われたくない」という考えを持っていて、自分の悪い部分を隠そうすることがあるかもしれません。しかし、こうした隠しごとをすることは余計にお互いの距離を近付けられない原因になります。

そのため、友達が欲しいと思っているならとにかく素直に接することがコツになります。「人に嫌われたくない」という考えで、友達になりたい初対面の人に対してありきたりなあいさつのような話をすると、相手からは「社交辞令かな?」と捉えられてしまい、結局は相手から友達になろうと思われません。

現在では、本音で話し合える人を友達として選ぶ人が多い傾向にありますから、友達を作るためにはできるだけ素直な気持ちで、時間をかけて接するのが良いでしょう。

友達を作る方法とは

友達を作る方法は、これまで友達を作ることができなくて苦労した人でも、インターネットではなく、現実世界で友達を作る方法はあります。それは孤独にならないための友達の作り方の教材を取り入れることです。

音声セミナーを受けられる「孤独にならないための友達の作り方」では、自分に話かけるような理解しやすい口調で、孤独にならないための友達の作り方を解説していきます。

読んで理解するのが面倒なテキスト形式の教材ではなく、いつでも何度でも聞き返すことのできる音声教材なので、自分のものにしやすいうえに実践しやすく、効果にも期待できるでしょう。

なんと、「孤独にならないための友達の作り方」なら人見知りや過去に友達関係で辛い思いをしていた人でも、28日間取り組んでいくことで、本音で話せる友達を3人作ることができるのです。

友達を作りたくても、孤独で相談する人すらおらず、結局どうすればいいのか分からないまま過ごしてきた人には、友達を作る方法として「孤独にならないための友達の作り方」を取り入れることをおすすめします。
孤独にならないための友達の作り方

このページの先頭へ