面白い会話は仕事でも役立つ?職場で人を笑わせる方法とは?

どこの職場にも話が面白い人やムードメーカーのような人はいますよね。そういった人は職場の雰囲気を明るくしてくれますので部下や上司からの人望もあるでしょう。

また、話し上手な人は社内での人望が厚いだけではなく、仕事の成績も良いというケースが多くあります。

そこで、面白い会話は仕事でも役立つのか、また職場で人を笑わせるにはどういった方法が効果的なのかについてまとめました。

人を笑わせる会話術

面白い会話は仕事でも役立つ?

面白い会話は仕事でも役立ちます。特に営業職や接客業など人と直接接する機会の多い仕事の場合は、面白い会話が出来ると非常に役立ちますね。

職種にもよりますが、仕事をスムーズに進めるためには会話は重要なコミュニケーションになります。

面白い会話、楽しい会話をして相手との距離を縮めることが出来れば、仕事も上手く行きやすいのは当然ですよね。

もちろん、会話が面白ければ契約が取れる、商品が売れるというわけではありませんので、仕事自体はしっかりする必要があります。

ただ、お客さんと上手く話せない、取引先との会話が続かないといった状態よりは、格段に相手の印象が良くなりますので、仕事にもプラスになります。

そのため、全く人と話す機会がない、自分一人で全て完結する仕事などでない限りは、多かれ少なかれ面白い会話は仕事で役立つと言えます。

職場で人を笑わせる方法とは?

職場で人を笑わせる方法はいくつかありますが、大切なのは他人を貶めるようなことは言わないということです。

人の失敗談などを面白おかしく話している人もいますが、そういった話題は人によってはかなりの嫌悪感を抱かれますし、職場の空気を悪くしてしまう場合もあります。

そのため、失敗談や情けない話などを話す際には、基本的には他人ではなく自分のことを話すということを頭に入れておきましょう。

では、実際に職場で人を笑わせるにはどのようにすれば良いのか見ていきましょう。

場の空気を読んでジョークを言う

職場で人を笑わせる際には、時と場所を考えるということが大切です。例えば、職場内で真剣な話をしているタイミングでジョークを言っても単に空気を読めない人になります。

もちろん、会議やプレゼントの最中に場を和ますためにジョークを言うといったことは有効ですが、それでも限度はありますよね。

場の空気にそぐわなければどんなに面白い話であっても人を笑わせることは出来ませんので、注意が必要です。

相手のタブーには触れない

面白い話に限ったことではありませんが、何かしら話をするときには相手をきちんと見ることも大切です。

例えば、自分が過去に彼女に浮気された話を面白く話していたら、相手は今まさに同じことが原因で修羅場の最中だという場合もあります。

あなたが面白いを感じたことでも、相手からしたらとても嫌な話に感じる場合もあるのです。

また、宗教や政治など、人それぞれ思想があるようなことをジョークにしてしまうのも危険ですね。

プライベートな話題も交える

職場での会話はどうしても表面上の会話になってしまうことが多くありますよね。会話の内容も仕事関係の話が中心ですし、自分のプライベートな話をするのは抵抗があるという方もいるでしょう。

ただ、プライベートな話題が一切ないとなると、相手はどうしても壁を感じてしまいます。

職場で人を笑わせるためには、普段の何気ない会話も重要となりますので、多少は自分のプライベートな話をしておくと、とても話しやすい雰囲気になります。

面白い話が出来ると職場で愛される人になれる

面白い話が出来る人というのは、職場内はもちろん、取引先の人にも愛されるようになります。

そうなると、仕事が上手くいくだけではなく、上司にもかわいがられて出世しやすくなるというメリットもあります。

また、異性のいる職場の場合は、話が面白い人ということで人気が出る、つまりモテます。

職場での会話は、仕事や社内でのコミュニケーションを円滑に進めるために非常に重要となりますので、ぜひ職場で人を笑わせる人間を目指してみてはいかがでしょうか。

もし、会話が苦手、人と話すのに抵抗があるという方は、教材を活用して一から会話のトレーニングをしてみるのもおすすめです。

人を笑わせる会話術は、会話が苦手な方や引っ込み思案な方にも非常に人気の教材となっていますので、ぜひ活用してみて下さい。

人を笑わせる会話術

このページの先頭へ