面白い会話をするには?面白い会話をするコツとは?

誰かと話すときは、やはりつまらない会話より面白い会話をしたいですよね。出来れば相手に自分を面白い人と思ってもらいたいと考えている方も多いでしょう。

面白い会話は、同性同士はもちろんですが、異性と話すときも非常に重要ですよね。会話の内容が面白いかどうかで、相手に与える印象はだいぶ異なります。

では、そもそも面白い会話とはどういったものなのでしょうか。また、面白い会話をするには何かコツがあるのでしょうか。

人を笑わせる会話術

面白い会話をするには?

面白い会話をする上で一番大切なことは、自分が面白いかどうかではなく、相手が面白いと思ってくれる会話をすることです。

残念ながら、自分がとても面白いと思って話していても、相手にとっては全く面白くない、つまらない会話になっている場合も多々あります。

そこで、面白い会話をしようと思ったら、相手が楽しめるかどうか、相手にとって面白いかどうかを重視して話すことが重要になります。

そのためには、相手の反応をしっかりチェックする必要があります。会話をしていて相手の反応がイマイチだった場合は、話題や切り口を変えるなど臨機応変な対応をしましょう。

また、面白い会話をするには、自分が面白いと思っていることは絶対に相手も面白い、自分の話が面白くないはずないといった思い込みや先入観は厳禁です。

逆に、基本的に相手が自分に興味がないということを前提に話すことで、自然と相手の反応にも敏感になりますし、話題にも気をつかつようになりますよ。

面白い会話をするコツとは?

面白い会話をするコツはいくつかあります。上記で記載したように、相手の反応に気を付けながら話をするということが基本ではありますが、面白い会話をするにはもちろん話題選びや話の仕方も重要になります。

予め話題やネタをいくつか用意しておく

誰でも急に「何か面白い話をして」とふられたら困惑しますよね。誰かと会話をしている時はそういったことはあまりないかもしれませんが、普段から話題やネタをいくつか用意しておくのはおすすめです。

また、相手の趣味嗜好が分かっている場合は、相手が楽しめるようなネタを用意しておくというのも良いですね。

予め何を話そうか考えておくと、実際に会話をするときも余裕をもって話すことが出来ますので、よく話が途切れがちになるという方はぜひ実践してみましょう。

相手の話を完全否定しない

面白い会話、楽しい会話をするためには、相手の話を否定しないというのもコツの1つです。会話をしていると、話題によっては相手の考えに共感出来ない、自分とは考え方が異なるということもあるでしょう。

ただ、共感できないからといって相手の話を完全否定してしまっては、お互いに会話を楽しむことは出来ませんよね。

語彙力をアップさせる

面白い会話が出来る人は、語彙力が豊富な人、色々な言葉を知っている人であるということが多いと言えます。

せっかく面白いネタがあるのに、何と言っていいか分からない、伝え方で上手くいかないという方は、本やテレビなどで語彙力をアップさせるのが効果的です。

話し方に緩急を付ける

話し方がずっと平坦だと、仮に面白い話でも笑いどころが分からなかったり、なんとなくつまらなく感じることがありますよね。

そこで、面白い会話をするには、話し方に緩急を付けるのがコツになります。例えば、初めはちょっとテンションが低い感じで話して、急にテンションを上げて話すなどの変化を付けると会話も楽しくなりますよ。

会話は受け身にならずに積極的に

面白い会話をするには、話し方や相手への気づかいも重要ですが、どういった話題やネタで会話をするかも大切です。

周囲に全く興味がない、趣味も何もないとなると、誰かと会話をする時も受け身になりがちですよね。

そこで、普段からテレビを見る、本を読むなど、出来るだけアンテナをはって、周囲の話題に敏感になっておくことをおすすめします。

そうすることで、相手に話題を振られても盛り上がれないということも減りますし、自分から会話のネタを提供することも出来るでしょう。

また、人と会話をすることに対して苦手意識が強いという方は、まずは教材を使ってトレーニングするという方法もあります。

人を笑わせる会話術は、楽しい話が出来る具体的な会話の方法を分かりやすく教えてくれますので、かなりおすすめですよ。

人を笑わせる会話術

このページの先頭へ