コミュニケーションを取るには?コミュニケーションの取り方とは

コミュニケーションは自分と相手とのやり取りになりますが、どうしても苦手で積極的にできないという人がいます。

また、特に失敗を恐れてしまうことや過去に失敗をして苦手になっている場合には、コミュニケーションの取り方が分からなくなってしまっていることもあります。

そこで、コミュニケーションを取るにはどうすれば良いのでしょうか。コミュニケーションの取り方についてご説明いたします。
人に好かれる会話術【男女兼用】

コミュニケーションを取るには?

コミュニケーションを取るには、会話をすることに繋がります。会話で情報を伝達していくうちにお互いの理解を深めることができ、人間関係を築いていくことになります。

初対面の人には特にこの会話でのコミュニケーションが重要となり、職場での人間関係や友達との関係にもこれは欠かせないものです。

コミュニケーションとは?コミュニケーションの意味とは?

しかし、コミュニケーションを取るための会話が苦手な方やどのような会話をすれば良いのか分からない、という方もいらっしゃいます。特に、社会に出たばかりの20代の若い世代にはその割合が多いと言えます。

コミュニケーションが苦手だからと言って誰とも取らずにいると、人間関係の輪に入ることができないだけではなく、仕事でも周りとの情報交換ができずに失敗に繋がることもあるのです。

そこで、コミュニケーションを取るには、普段からあるルールを取り入れた会話をする方法があります。ルールを取り入れていくことで、会話でコミュニケーションを取ることができ、人間関係を良いものに近づけていくことができます。

下記ではそのルールと一緒に例を挙げてご説明していきます。

コミュニケーションの取り方とは

コミュニケーションの取り方は、大きな流れでもいくつかのルールがありますので、それを実践してみましょう。

例えば、タバコを吸っている相手とコミュニケーションを取る場合です。

自分「タバコはどれくらい吸われるんですか?」
相手「1日に10本くらいかな」
自分「結構多いですね。やっぱりお仕事は大変なんですか?」
相手「仕事はそうでもないよ。・・・」

このように、相手から情報を引き出すのが上手いコミュニケーションの取り方です。

しかし、相手が話をしている最中に遮ってしまうのはNGです。

相手「実はうちの親がヘビースモーカーでさ。実家暮らしだからつい・・・」
自分「あ、私の親もヘビースモーカーなんですよ。この前・・・・」

上記のように、相手の話から自分の話にすり替えてしまうと、せっかく相手が話をしようと思っていたものを遮ってしまい、相手を不快にさせてしまいます。

また、自分の話をしたがる人には、アドバイスをしたがる傾向も見られます。そのアドバイスの内容も、相手のことを考えていないものや否定的なものであれば、適切ではありません。

もし、自分がタバコを吸っている人であれば、「タバコって体に良くないですよね」「タバコってお金がかかりますよね」などと言われたらどう思うでしょうか。特に初対面や認識の浅い人にとっては、イヤミのようにしか聞こえません。

自分が思っていることがあっても、相手がどう感じてしまうのかを考えたうえで発言しましょう。つまり、相手への思いやりが必要なのです。

もちろん、途中で感情的な話になることも避けましょう。例えば、「タバコを吸えない時のイライラ」などの話になると、そのイライラという話題や感情は、自然と相手に与えてしまうものです。

できればそういった話題は避けて、気楽な雰囲気で会話を楽しむようにしましょう。

コミュニケーションの取り方のまとめ

コミュニケーションの取り方は、上記のようなルールを会話に取り入れるようにするのが良いでしょう。

そこで、会話でさらにコミュニケーションを取るためには、人に好かれる会話術がおすすめできます。上記でご説明したルールに加えて、さらに効果的なコミュニケーションの取り方を学ぶことができ、どんな人とでもコミュニケーションをスムーズに取ることが可能になるのです。

人間関係で悩んでいる人は多いと言えますが、このコミュニケーションの取り方をマスターしていれば、そういった悩みを抱えることも無くなるはずです。

人とのコミュニケーションの取り方を知りたいなら、人に好かれる会話術を役立てることをおすすめします。
人に好かれる会話術【男女兼用】

このページの先頭へ