会話上手の特徴とは?会話上手の秘訣とは

身の回りにどんな人とでも会話が弾むような、会話上手の人がいるかもしれません。

また、自分も会話上手だったら友達や恋人を作ったり、社会でもうまく付き合いができるかもしれないと憧れているかもしれません。

会話上手になるには、会話上手の人の話し方を分析して自分との違いを見つけ、良い点を取り入れていくことが最も手っ取り早いと言えます。そこで、会話上手の特徴とその秘訣をまとめました。
人に好かれる会話術【男女兼用】

会話上手の特徴とは?

会話上手の特徴は、話すことの基本的部分をしっかりと意識していることです。

その反対に会話下手・苦手という人の特徴は、何か面白い話をしようと思い、話すことの基礎の部分を忘れていることです。

とてもシンプルですが、会話上手になりたいなら、その基礎の部分を意識しながら会話上手の人の特徴を真似して取り入れていきましょう。

話を聞く姿勢をしっかりと持つ

会話上手の人は聞き手にまわる時に「聞き上手」でもあるのが特徴的です。

会話上手な人が聞き手にまわるときには、相手話している最中には相手が話した言葉を繰り返して相づちを打ち、「聞いているよ」というサインを出すことで、自然な形で会話を盛り上げています。

ちなみに、話が終わった後には、相手の話をしっかりと聞いたうえで自分の話に絡めて意見を言うのも良いでしょう。

「聞き上手になること」を意識することで、話し手の相手が気持ちよく話せるような、自然な気遣いができるようになります。

適切な話し方を選ぶ

会話上手な人は、話題や雰囲気で声のトーン、話す速さをうまく調節しています。会話上手な人は皆、基本的に声が聞き取りやすい大きさで、言葉もハキハキとしていますよね。もちろんこれも基礎となるポイントです。

声が大きすぎる、声が小さすぎると聞きづらくなり、聞き手側はイライラやもどかしさを感じ、会話に楽しさが生まれません。これでは相手への気遣いになりませんね。

ただ、どんな話でも一辺倒に大きな声では伝わりにくいものや適切でない場面もありますので要注意です。

話の内容がどんなものか事前に頭に思い浮かべておくと、自然に声のトーンや大きさを適切にすることができるでしょう。

相手の状況に合わせて話をする

相手の状況に合わせるということは、相手の気遣いになります。相手に気遣いもなく自分しか分からないような話し方をしているのでは、会話上手ではありません。

会話上手な人は、自分が持っている情報を相手に伝えるために、その場所や単語など、聞き手のレベルに合わせて解説することを意識しています。

例えば、自分が聞き手のときに相手が職場の専門的な話をしてきた場合、話題に付いていけないですよね。

そのため、自分が相手の立場になってから、物事をどのように説明すれば良いのかを考えていくことも重要になるのです。

会話上手の秘訣とは

会話上手の秘訣とは、相手のことに興味を持っていることです。相手に興味を持って接することは、自然と会話も盛り上げていき、相手に良い印象を与えることに繋がるのです。

また、これに加えて日常的にあいさつ、感謝や謝罪の言葉を伝えることができていることも会話上手の秘訣です。「こんにちは」「お疲れ様です」という挨拶や「ありがとう」「ごめんなさいという」言葉を伝えることは、コミュニケーションをとること、または人として非常に重要なことです。

会話上手の秘訣を考えてみると、なんだか難しいスキルを身に付けることをイメージしてしまうかもしれませんが、この基礎的な部分ができていれば自然と良くできるものです。

そこで、これから会話上手の秘訣をもっと深く取り入れるには、人に好かれる会話術がおすすめです。

「人に好かれる会話術」では、相手に良い印象を与えられるような、会話上達の秘訣が詳しく解説されています。

心理学を元にしたような「会話が上手くなるテクニック」ではなく、コミュニケーションとして会話の基礎的な部分からしっかりと身に付けていきます。会話上手になる秘訣として「人に好かれる会話術」がおすすめです。
人に好かれる会話術【男女兼用】

このページの先頭へ