話し上手になるには?話し上手になる方法とは

話し上手なりたいと憧れている人は多いでしょう。

職場の先輩や友人などで話し上手な人がいると「この人と話をするのはとても面白い」などと好印象です。

話の内容には様々ありますが、話し上手な人は共通して話し上手な方法をマスターしているものですので、その方法を覚えれば話し下手で悩むあなたでも話し上手になることができます。

そこで、好印象を与えられる話し上手になるには、どんな方法があるのでしょうか。
人に好かれる会話術【男女兼用】

話し上手になるには?

話し上手になるには、相手に物事を伝える会話力を身に着けることが必要です。話し下手な人が話し上手になるには、普段から話し方の質を上げていかなければなりません。

話し下手の人に見られるのは、話すときに「○○は~~だった。」というような短文で終わっていることです。会話の最中で自分の回答が短文で短すぎると、その内容から相手も会話を繰り広げることができず、結局会話が成り立たなくなってしまうのです。

さらに、話が続かないことでその場の空気や雰囲気にも影響を与えてしまい、余計話をすることを避けるなどの悪循環を生んでしまうものです。

そのため、短文を離すことが癖になっているのであれば改善していきましょう。

会話上手の人の話を聞いていると、「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「そのきっかけ」となる部分がしっかりと含まれています。

これらは話しをするには重要な情報ですが、自分の経験から話をするときにはつい省略してしまいがちなものです。これらが欠けると、話の内容が相手に伝わりにくくなってしまいます。

話し上手になるには、これらを自分の話しの内容に当てはめながら取り入れ、最低でも20秒以上話せるように話を膨らませていきましょう。もちろん、必要な情報があれば、どんどん話しの中に取り入れていくのも話し上手への道です。

「いつ」

例:5年前、数日前、学生だった頃

「どこで」

例:○○県に住んでいたとき、家にいるとき、コンビニで

「誰が」

例:1人で、母親が、そこに勤める友人が

「何を」

例:引っ越しを考えていた、掃除をしていた、仕事をしていた

「そのきっかけ」

例:転勤が決まったから、お客さんが来る予定だったから、夢を追いかけていたから

話し上手になる方法とは

話し上手になる方法は、上記のポイントを取り入れていくことを心掛け、あとは人と会話をする機会を増やして、その経験をどんどん積み重ねていくことです。

話し上手な人は、これまでにたくさんの経験を積んだことで話しが上達できているものですので、やはりその方法しかないと言われていました。

しかし、その相手がいないということや自分の話をどうやってもうまくまとめられないことで悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

そこで、話し上手になるために画期的な方法が生み出されました。それは人に好かれる会話術です。

「人に好かれる会話術」では、話しが続けられない話し下手な人でも、90日間で人に好かれる会話術をマスターし、話し上手になることを可能にしてくれます。

話し上手になることは人からの印象を良くできるものですので、この先大きなメリットになるでしょう。話し上手になる方法として「人に好かれる会話術」がおすすめです。
人に好かれる会話術【男女兼用】

このページの先頭へ