会話が面白くないのはなぜ?話がつまらない人の特徴は?

人と話すのが苦手という方も多いかもしれませんが、中には話すこと自体は問題ないけれど、なんだか話していても会話が盛り上がらないという方もいるのではないでしょうか。

自分が一生懸命話していても相手がつまらなそうにしていると、かなりショックですよね。そして、自分との会話が面白くないのではと自信をなくしてしまいます。

そこで、会話が面白くないのはなぜなのか、また話がつまらない人の特徴にはどのようなものがあるのかについてまとめました。

人を笑わせる会話術

会話が面白くないのはなぜ?

相手に「あなたと話していても面白くない」と直接言われることはあまりないかもしれませんが、相手が自分との会話で楽しんでいるかは相手の様子を見れば分かりますよね。

相手が会話の最中に退屈しているような様子を見せたり、会話が盛り上がらなかったりすると、自分の話はつまらないのではと悩んでしまう方も多いでしょう。

もちろん、会話をする相手との相性や距離感などもありますので、自分だけに原因があるとは一概には言えません。

ただ、誰と話しても今一つ盛り上がらない、相手が楽しんでいる様子が見られないと感じている方は自分の会話の仕方に問題があるかもしれません。

というのも、実は会話が面白くない人にはいくつか共通の特徴が見られるのです。

話がつまらない人の特徴は?

話がつまらない人の特徴はいくつかありますが、代表的な特徴について下記に記載しました。

自分は大丈夫だと思っていても、実は相手からは話がつまらない人と思われている可能性もありますので、下記のような特徴にあてはまっていないかチェックしてみましょう。

表情が乏しく反応が悪い

会話は相手とのキャッチボールと言われている通り、一人で一生懸命話していても成り立ちません。

相手がふった会話に対して、無反応、無表情といった対応では会話が盛り上がるはずはありませんよね。

そのため、相手があなたに話しかけても、あなたが特にこれといった反応をしなれけば、当然つまらない人と思われてしまいます。

自分の考えがない

会話は相手の話をしっかりと聞くことも大事ですが、聞いてばかりいては相手も疲れてしまいますし、面白くありません。

「あなたはどう思う?」といった質問に対して、何も自分の意見を言うことが出来ないとなると、会話も盛り上がりません。

相手の話をすぐ否定する

相手の話をすぐ否定するのは、話がつまらないと言われる人によく見られる特徴です。特に相手が話し終わらないうちに、すぐ否定するというのはマナー違反です。

もちろん、相手の話を聞いた上で、自分の考えが違うのならばそれで良いのですが、真っ向から否定ばかりを繰り返す人とは会話をしたくありません。

否定ばかりをする人は、話がつまらない人でもありますが、場合によっては人に嫌われてしまうこともありますよね。

会話が面白くない人と思われないためには?

話がつまらない、会話が面白くない人と思われないためには、会話の仕方を変えていく必要があります。

上記で記載した通り、話がつまらない人にはいくつかの特徴がありますので、もし自分がそれらにあてはまるようなら直しましょう。

ただ、会話のクセは長年培われてきたものでもありますので、自分で改善するのはなかなか難しい場合もあります。

そこで、おすすめしたいのが人を笑わせる会話術です。

人を笑わせる会話術は、その名の通り相手を笑わせる、楽しい会話をするための方法をレクチャーしてくれる教材です。

人を笑わせる会話術は非常に分かりやすく人気の教材となっていますので、なかなか会話が盛り上がらないという悩みを抱えている方は、ぜひ一度試してみて下さい。

人を笑わせる会話術

このページの先頭へ