社会人が友達を作るには?社会人が友達を作るコツ・作る方法とは

学生の頃には同じクラスや同じ部活などで、すぐに友達を作ることができたかもしれません。しかし、社会に出てからは同じ職場であってもなかなか友達が作れないことで悩んでいる人がいます。

特に、社会人になり忙しい毎日を過ごしていると、これまでに仲の良かった友人がどんどん離れてしまい、孤独を感じている人もいるかもしれません。

現在では1人でも楽しめるようなインターネット、ゲームや漫画などの趣味もありますが、本当に孤独になることは大きな不安を抱えることでしょう。そこで、社会人が友達を作るにはどうすれば良いのでしょうか。
孤独にならないための友達の作り方

社会人が友達を作るには?

社会人が友達を作るには、学生のころと比べると少々難しいといわれています。学生の頃とは違い、社会人になると多くの出会いがあるものですが、社会人になってから友達が作れず悩んでいる人は多く見られます。

学生の頃を思い返してみると、生活はほとんどが学校中心になります。学校では同じ年の人が1つのクラスで同じことを成し遂げていくことから、自然と友達が作ることができています。

友達を作るには?友達を作るコツ・友達を作る方法とは

会社に勤めている社会人であれば「会社は会社」という区切りをつけてしまい、自分の生活の中に会社があるという認識になることで、同じ職場の同僚や上司とはプライベートで関わらないと区切ってしまうのです。

また、人との付き合いがあっても「上辺だけ」という考えもあり友達を作ろうとしないこと、引っ越しや転勤などで新しい環境に馴染めないことで友達ができないということもあります。

そこで、当たり前のように認識されている「会社とプライベートの区別」や「上辺だけの関係」ですが、社会人が友達を作るには、「会社は会社」という考えを少し変えてみる必要があります。

社会人でも友達を作りたいと考えているのなら、いくつかのコツを抑えて人と接するようにすることが必要です。最初は勇気が要りますが、これを乗り越えることができれば、どんどん友達が作れるようになるでしょう。

社会人が友達を作るコツとは

社会人が友達を作るコツは非常にシンプルなものです。親しい仲の友達を作りたいのであれば、あまり自分をガードせずにおおらかになってみると良いでしょう。

視点を変えてみる

上記でもお伝えしましたが、社会人は会社とプライベートを区別しがちです。しかし、特に長期間一緒に仕事をするとなれば、そこで友達を作ってみようと考えることが手っ取り早いでしょう。

最初は意識してあまり踏み込めないものですが、同じ部署や席が近い人など、友達になりたい人の候補をあげてから接してみましょう。

勇気を持って接する

友達を作りたいと思っているなら、友達になりたい人に対して自分からコミュニケーションを取ることが基本となります。

人間は誰でも嫌われることは嫌なもので、最初は誰に対しても恐怖心を抱えています。しかし、少しだけ勇気を持って挨拶をすることや何気ない会話をすることでコミュニケーションを取っていることで、相手からも興味を持ってもらうことができ、友達になれるでしょう。

世間話を持ちかける

会社の同僚や先輩など、身近な存在でもなかなか打ち解けられないのであれば、普段会社ではしないような世間話をしてみるのも良いでしょう。

会社ではお互いの考えや価値観などは全く見えないもので、特に興味があるものに関しても分からないまま一緒に仕事をしているかもしれません。

そこで、休憩中などのちょっとした時間でも話せるよう、ニュースや休日の過ごし方などの些細な話題を準備しておきます。その話題を振ったときにその人が興味を示してくれることで、どんな人なのか見えてくるものです。

社会人が友達を作る方法とは

社会人になってから友達を作ることができず、孤独になることを覚悟している人がいるかもしれません。そんな人には孤独にならないための友達の作り方がおすすめです。

社会人で友達ができず恋人もいないとなると、この先の将来に不安や孤独を感じてしまい、毎日が暗くネガティブにもなりがちです。また、そういった感情は仕事をしている姿勢にも繋がってしまいます。

しかし、友達がいるだけでそれらは解消され、人との繋がりからさらに出会いが広がり、潤った人生を楽しむことにも期待が膨らみます。

「孤独にならないための友達の作り方」を取り入れていけば、28日で3人の友達を作ることが可能になり、そこから楽しいプライベートを過ごすことや自然と仕事でも良い人間関係を築くことにも繋げられるでしょう。

社会人で素敵な友達を作りたいのなら、「孤独にならないための友達の作り方」をおすすめします。
孤独にならないための友達の作り方

このページの先頭へ