アダルトチルドレンの症状とは?アダルトチルドレンの特徴とは?

アダルトチルドレンを抱えている人には、普通に生活を送っているだけでも内向的な部分が原因となり、身心に様々な症状が表れることがあります。

ただ、アダルトチルドレンは病気とは異なりますから、アダルトチルドレンを抱えている全ての人が同じ症状を持っているとは限りません。また、症状の中にはいくつか特徴的なものが挙げられます。

そこで、アダルトチルドレンの症状と、アダルトチルドレンの特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

アダルトチルドレンの症状とは?

アダルトチルドレンの症状とは、小さい頃からの家族との生活環境によって形成された、独特な考え方です。また、アダルトチルドレンによる考え方により、精神的な苦痛を受けたことで身体的にも症状が現れることも見られます。

アダルトチルドレンの症状

    めまいや頭痛、肩こりや睡眠障害、生理痛や下痢、呼吸不全や過呼吸
    脈拍の増加やパニック、幻覚や幻聴、被害妄想や強迫観念など

アダルトチルドレンの症状を見てみると、ストレスを抱えている人やうつ病を抱えている人に見られるものと当てはまります。

小さい頃に根付いたアダルトチルドレンの独自の考え方は、無意識に精神的な苦痛というストレスを生み出し、上記の症状を引き起こすということが分かります。

アダルトチルドレンを自覚していない場合、身体的な症状が出た場合には不安になり、病院へ診察を受けに行くことが多いと言えます。しかし、仮に呼吸不全や過呼吸の症状で呼吸器の病院に行っても、実際には呼吸器の病気が原因に無く、診察しても原因が分からないというケースもあるのです。

アダルトチルドレンは、症状だけを見ても、なかなか気づかないものですから、まずはアダルトチルドレンの自己診断をすることに加えて、特徴に当てはまっているかどうかも把握しておくのが良いでしょう。

アダルトチルドレンとは?アダルトチルドレンを診断するには?

アダルトチルドレンの特徴とは?

アダルトチルドレンの特徴とは、抱え込んでいる内面的な部分から、普段の言動や行動に現れるもので、人との関わりや仕事など、何事もバランスが取れなくなることは少なくありません。

自己信頼感が欠如している

自己信頼感、つまり、自分に対して自信がありません。また、どれだけ頑張って素晴らしいものを成し遂げても、否定や過小評価し、何をしても自分が自分を認められません。また、人からの評価も素直に受け取ることができません。

さらに、決断する自身も無いため、他人に意見を求めるようになり、他人の意見や判断で行動しても、思うような結果が得られない場合には相手を恨むことがあります。

人を敵か味方かで判断する

自分の全てを受け入れてくれる人を求めます。少しでも否定的に感じると自ら距離を取り、対人関係が広がらない傾向にあります。また、人に嫌われたくないため、対人不安から人と距離を取るようになります。

人にものを頼んだり頼みごとを断れないことも、人からの評価が気になり苦手です。

完璧主義や極端な思考

勝つことにこだわる傾向にあり、プラスかマイナス、100か0かの極端な思考になります。周囲の人に対しても、完璧主義や極端な思考に基づいて接してしまうことで、対人関係でも影響が出ることがあります。

自分のことなのに何をしていいのか分からない

周囲に合わせすぎていることで自分を見失っています。感情を抑制し、自分の人生に期待を持つことができない状況でもあります。これは、何が食べたいのか何が欲しいのかという些細なことでも起こります。

アダルトチルドレンの人の症状や特徴のまとめ

アダルトチルドレンの人の症状や特徴は、本人が自分のことを認められていないことや自分が相手からどう思われているかといった考えから、何事も思い通りにできないことでストレスが蓄積され、身体にも様々な症状として表れます。

しかし、アダルトチルドレンの症状によるものと言うことに、本人が気づいていないことがあります。また、周囲の人もアダルトチルドレンを抱える人に気付くことができずにいることで、対人関係をうまく保てなくなることもあるのです。

アダルトチルドレンは、自分でも他人からも分かりにくい状態ですが、辛い思いをすることが増えないようにするには、本人が克服していく必要があるのです。
西尾和美の アダルトチルドレン 癒しと回復のためのセルフスタディキット

このページの先頭へ