会話上手な人と会話下手な人の違いとは

会話下手だと自覚し、会話上手になることに憧れている人は多くいらっしゃいます。

しかし、会話上手になるためといって自分なりにあれこれ取り入れても、あまり上達への変化が見られないことがあります。あまり上達への変化が見られないことは、テクニックばかり吸収しようとして、肝心な会話上手な人と会話下手な自分の違いに気付いていないからです。

そこで、会話上手な人と会話下手な人の違いはどのようなものがあるのでしょうか。
人に好かれる会話術【男女兼用】

会話上手な人と会話下手な人の違いとは

会話上手な人と会話下手な人の違いは、会話をする自分と相手に対する思いやりがあるかどうかです。会話上手な人は、会話をする相手のことを思いやっていますが、会話下手な人はつい自分のことばかりになってしまう傾向にあります。

会話上手の特徴とは?会話上手の秘訣とは

会話下手とは?会話が下手な人の特徴とは

下記では、会話上手な人と会話下手な人の違いを、3つのポイントに絞ってまとめてみました。

会話下手な人の話は自分の話ばかりになりがち

会話下手な人が話題を振ると、つい「自分の話」ばかりになってしまいがちです。それには、話題が無くなって沈黙することを恐れたり、とにかく話をしたいという姿勢が表れているからだと言えます。

特に、初対面の人やそれほど親しいわけではない職場の人に対して「○○っていう映画を観てきたんですよ~」「今日は○○というお店に行ってきます」といった話題を持ちかけることは、相手からするととても反応に困ってしまいまいます。反対に自分がその立場だったらどう感じるでしょうか。

親しい仲の友人には通じますが、どんな人にでも通じる話題として、「自分の話」を振ることはできれば控えておくべきです。

会話上手な人なら、同じシチュエーションでも「今、○○という映画がありますよね」「○○というお店を知っていますか?」という、その場にいる人が反応できるような話し方で話題を持ちかけるでしょう。

会話下手な人は相手を見ていない

会話は相手への思いやりによって成り立ちます。会話上手の人の場合、自分が振った話題でも、相手がこの話題に興味が無いかな?と感じられる反応があると、ほかの話題へ切り替えることができます。

しかし、会話下手な人は「自分が話したいだけ」と考えているので、それほど相手を見ずに話を持ちかけて自分ばかり話をしてしまうのです。

これでは相手も話をする気分にもなれず、「この人とは話をしたくないな」「話が楽しくない」と思われてしまいます。

会話下手だと思っているなら、会話の最初に相手の反応を見てみるようにしましょう。

会話下手な人は緊張しすぎ?

自分からどんどん話題を持っていくことはコミュニケーションを取るために必要なことですが、上記のように自分から話をするのではなく、初対面の人などに対して緊張しすぎて、全く話せないという人もいます。

そういう人は、まずはリラックスして緊張をほぐしてみましょう。リラックスしている姿は相手にも安心を与え、会話もリラックスした状態で自然と続けられるようになります。
楽しいと感じられる会話は、リラックスしている時の自然な流れにありますので、初対面の人や複数人の前で話すとなった時には、特にリラックスすることを心掛けると良いでしょう。

もちろん、会話上手な人を見ていると、大勢の人の前でスピーチをするときでもうろたえることなく、堂々と話ができているものです。1人1人に向き合って話をする意識があるためで、1人の相手に対して話をすることと同じような意識を持って話をしているのです。

会話上手な人・会話下手な人の違いのまとめ

会話上手な人と会話下手な人の違いは、相手への思いやりがある人・無い人ということがわかりました。

そのため、会話下手な人が会話上手を目指すには、相手の1人1人を思いやり、きちんと向き合って話をすることです。

会話下手な人の中には、心理学に基づいた話し方のテクニックなどを掴もうとしているかもしれませんが、まずは落ち着いて1人の相手をしっかりと見るという、基本的なことから取り組んでみましょう。
人に好かれる会話術【男女兼用】

このページの先頭へ