会話下手とは?会話が下手な人の特徴とは

会話下手とは、会話が続けることが下手な人、または苦手な人です。話題を持ち掛けても、沈黙になってしまうことや話が思うように進められないこともあります。

会話下手の人は、人に情報を伝えるのが苦手なことからコミュニケーションをとることも苦手な傾向にあります。

そこで、会話下手と、会話が下手な人の特徴とはどのようなものなのかまとめました。
人に好かれる会話術【男女兼用】

会話下手とは?

会話下手とは、人と話をすることが苦手なことを指します。

人見知りをしやすい、緊張しやすいという人の中には、会話が苦手という人が多いかもしれません。そういった人は他人と会話の経験が少ないことからコミュニケーションの取り方も分からないため、自然と会話下手になりがちです。

つまり、会話下手とは会話上手な人と正反対の人のことを指します。この会話下手なは、会話の中で相手に良くない印象を与えてしまうことがあります。

会話上手の特徴とは?会話上手の秘訣とは

聞くときの姿勢が良くない

会話下手な人は、聞くときの姿勢がよくないため、「聞き上手」にもなることができていません。

相手が話している最中でも、自分が知っていること、または興味のあるワードが出てくると、そこだけを拾って自分の思ったことや経験をすぐに答えようとします。

例えば、話し手のAさんが「自転車で近所のコンビニに行ったら同級生と会った」という話をしたい場合です。その話の途中で聞き手のBさんが「車じゃなくて自転車なの?」「自分はそこよりもあのコンビニが好き!」などの1部分のワードを拾った相づちしまうと、話し手が話したい内容からずれてしまいます。

それでは話し手のAさんは不快に思ってしまい、話す気も失せてしまいます。相づちをうつことは必要ですが、やはり話し手のことを考えて話の邪魔をしないような姿勢を持ちましょう。

もちろん、その反対に全く興味を示していないような「ふーん・・・」という相づちも聞き上手とは言えるものではなく、相手に「話がつまらないのかな?」と思わせてしまいます。

どんな時でも一辺倒な話し方になっている

会話下手な人は話し方が一辺倒になりがちで、声の大きさやトーンなどは全く意識していないことが見られます。

また、自分だけがイライラしているのに、八つ当たりをするかのような口調で話をすることもあるでしょう。それでは相手もイライラさせてしまうものです。自分中心で相手のことを少しも思いやっていないため、会話も楽しく続けられません。

誰が聞いても効きやすいよう、はっきりとした口調で相手が効きやすい話し方をするという、基礎的な部分な部分が欠けていると言えるでしょう。

相手の状況に構わず話をする

会話下手な人は、相手の状況に構わず話をしてしまいがちです。これも相手を思いやることができない証拠です。

自分が相手に伝えたい情報があっても、自分が理解していることで主語や専門用語の説明を省いてしまうことがあります。

例えば、「職場で必要な○○という道具が、いつも置いてある××という場所に無かった」という話をしたい場合です。

「いつもの○○が無くて××を探したんだけど無くて大変だった」とAさんが言っていても、その職場のことを知らないBさんにとっては「○○って何?」「××ってどこ?」と疑問が多くなってしまいます。

その説明を都度説明していないと、聞き手も分からないまま話を聞かされることになり、その話の内容は理解されないまま終わってしまい、会話が続かない原因にもなってしまうのです。

会話が下手な人の特徴とは

会話が下手な人の特徴は、相手への思いやりや配慮ができていないことです。自分ではできているつもりでも、本当はどうなのかな?と振り返ってみると良いでしょう。

会話上手な人と会話下手な人の違いとは

人に話しているときや聞いている時の態度、話し方の基本や情報の伝え方など、自分のことしか考えていない人は、どんなに話題を持っていたとしても相手と会話を続けることができません。

また、普段から人とのコミュニケーションが少ないことも会話下手な人に見られる特徴です。「こんにちは」「ありがとう」というひとことだけでも、人との繋がりになりますので会話下手な人はそういった些細な部分から改善する意識を持つと良いでしょう。

会話が下手な人は、こういったことに気付くことができれば、会話上手へと成長することができるはずです。
人に好かれる会話術【男女兼用】

このページの先頭へ