初対面の人と友達になれる?初対面の人と仲良くなる方法・コツは?

学校や会社でも初対面の人と接する機会は多いですよね。入学や入社の時期はもちろんですが、学校では学年が上がればクラス替えがありますし、会社でも部署の移動や転職などで初対面の人と会うでしょう。

初対面の人と会えるのが楽しみ、新しいクラスの人や同僚と早く友達になりたいという方もいるかもしれませんが、初対面の人が苦手でクラス替えや移動が憂鬱という方も多いのではないでしょうか。

そこで、初対面の人と友達になることは出来るのか、そして初対面の人と仲良くなる方法やコツにはどのようなものがあるのかについてまとめました。

孤独にならないための友達の作り方

初対面の人と友達になれる?

初対面の人と会うのは、多少なりとも緊張してしまいますよね。ただ、苦手だからと言って初対面の人と接することを避けていると、いつまで経っても友達にはなれません。

初対面の人と友達になるのは難しいと思っている方も多いかもしれませんが、実はそう難しいことではありません。初対面の人と友達になることは出来ます。

あなたの周囲にも、初対面にも関わらず、すぐに仲良くなってしまうという方がいるのではないでしょうか。

もちろん、初対面の人でも時間が経過すればそれなりに話が出来るようになるかもしれませんが、出来るだけ早く初対面の人と友達になりたい、仲良くなりたいと感じたら、時間の流れを待つだけではいけません。

初対面の人と友達になるためには、やはり自分から積極的に働きかけることが大切になるのです。

では、初対面の人と友達になるためには、具体的にどのようにしたら良いのでしょうか。

初対面の人と仲良くなる方法・コツは?

初対面の人と仲良くなる方法・コツとしては、まず相手と仲良くなりたい、相手のことを知りたいという気持ちを持つことです。

相手と話している時の気持ちというのは、実はなんとなく相手にも伝わるものです。つまり、相手のことをあまり好きではない、警戒しているという気持ちがあると相手にも伝わってしまいます。

そのため、相手に対して好意的な気持ちを持つこと、興味を持つことが、初対面の人と仲良くなるための第一歩と言えます。

笑顔で話しかける

笑顔はコミュニケーションをとる上で非常に有効な手段です。初対面の人と話す時は緊張してしまいがちですが、とにかく笑顔を心がけることで相手に好意的な気持ちが伝わるでしょう。

相手の名前を呼ぶ

初対面の人の場合は特に、相手の名前をきちんと呼ぶことで距離が縮まります。挨拶をする際、話しかける際には、前後に常に相手の名前を入れ込むようにすると、相手に好印象をもってもらうことが出来ます。

自分の失敗談をする

初対面の人にはなかなか自分の話をしにくいものです。特に自分の失敗談を知られるのは恥ずかしいですよね。

ただ、初対面の人と仲良くなるためには、自分のダメなところ、格好悪いところを相手に話すことで、まずは自分が相手に対してオープンになることが大切です。自分がオープンになれば、相手も心を開いて接してくれるようになります。

相手のペースに合わせる

初対面の人と話すときは、相手のペースに合わせると良いでしょう。相手がゆっくりと話す人であれば自分もゆっくりと話し、逆に早口気味であれば自分も早いテンポで話すようにすると良いです。

また、ミラーリング効果を利用して、相手の話し方や身振りを真似るのも効果的です。相手が飲み物を飲んだら自分も同じように行動するなど、相手のマネをするだけで好感度もアップしますし、相手から親近感を持ってもらえます。

初対面の人と仲良くなりたいなら自分から動くべき

初対面の人がどんな人かにもよりますが、相手もそれほど積極的ではない場合、自分から動かなければ友達になることは難しいでしょう。

また、もし相手の方が積極的に話しかけてくる人であっても、単に相手の話を聞いているだけ、相槌を打っているだけではいつまで経っても距離は縮まりませんよね。

そのため、初対面の人と友達になりたい、仲良くなりたいと思ったら、上記で記載した方法やコツを取り入れて、まずは自分から積極的に動くことが大切です。

ただ、友達が少なく、あまり他人とのコミュニケーションが得意ではないという方の場合は、友達作りの教材を参考にするのも一つの方法です。

孤独にならないための友達の作り方は、初対面の人と仲良くなるための方法や友達作りのコツを丁寧に解説している教材です。

孤独にならないための友達の作り方は、実際に極度の人見知りの方やあがり症の方が友達を作ることが出来たという人気の教材となっていますので、ぜひ活用してみると良いでしょう。

孤独にならないための友達の作り方

このページの先頭へ