友達がいない人とは?友達がいない人の特徴とは?

友達がいないより、友達がいた方が良いと考えられています。ほとんどの人は「友達はいてほしいもの」「もっと友達がほしい」と思っているのではないでしょうか。

友達とはお互いに対等に関わっている人を指しますが、友達がいない人はこれから友達を作ろうと考えていても、なかなか作ることができない傾向にあります。

そこで、友達を作るためにも、まずは友達がいない人にはどんな特徴があるのかをチェックしてみましょう。
孤独にならないための友達の作り方

友達がいない人とは?

友達がいない人とは、いくつかのパターンがあります。

学校や会社、サークルなどの人の集まる場所にいると、誰でも自然に友達を作ることができるものです。しかし、中にはそういった集団の中でも友達がいない人もいます。

実は、現在では友達がいない人が増えていると言われています。友達がいないことは寂しいだけではなく、様々な場面で楽しむことができないうえ、様々な負の連鎖を引き起こしてしまうこともあります。

ただ、友達がいない人といってもいくつかのパターンがあります。

社会に出てから友達がいなくなってしまった人

学生の頃には友達がいたけど、社会に出てからは忙しくて徐々に友達と疎遠になっていったということはよくあるものです。

忙しい毎日の中で、学生時代の友達とずっと連絡を取り合いながら関係を築くものは難しいものです。やはり友達よりも自分の生活が懸かっている仕事の方を優先することでしょう。

また、友達に連絡をしていないと、時間が経てば経つほど「連絡しにくい」「面倒くさい」などの気持ちもあり、次第に音信不通になってしまうこともあります。

学生の頃の友達が減ってしまっても、その分社会に出てから新たに友達を作っていくことができれば良いのですが、社会で友達を作りたいと思っていても学生の頃のように思い通りにいかないため、結局友達がいないままになっているのです。

友達を必要としない人

自ら友達を必要としない人は少々珍しいものですが、これには深い理由や原因があるものです。

例えば、過去に何かしら人間関係のトラブルがあり、他人を信用できなくなったなどの理由で人間関係が煩わしくなり、「もう友達は作らない」と決めていることです。または「一匹狼の自分はカッコイイ」と思っていることです

また、人とのコミュニケーションが苦手ということで、結局は1人で過ごした方が気を遣わなくて楽だと考えていることもあるからです。

さらに、1人でも楽しめるゲームや漫画などの趣味があることに加えて、オンラインゲームやSNSなどで気軽に人との繋がりを持つことができるため、わざわざ友達を作らなくても良いと考えていることもあるのです。

友達がいない人の特徴とは?

友達がいない人の特徴とは、友達を作るための行動を起こすことができていないことです。どちらに関しても、自分から行動をとっていないため、友達がいないという当然の結果になっています。

社会に出てから友達がいなくなってしまった人の場合

忙しいという理由で何かと友達と疎遠になる理由を作ってしまいます。

どんなに仕事で忙しい人でも休日は必ずありますし、帰宅後や休憩時間などの空いた時間があれば、メールやSNSを活用していつでも連絡を取ることができます。

どんな手段でも良いので、まずは積極的に行動をしてみる必要があります。

友達を必要としない人の場合

本当のところは「友達を作りたい」という気持ちがあるのですが、勇気の無いことで友達を作れずにいることが多いのです。

特に、コミュニケーションを取ることが極端に苦手なため、友達を必要としない人には、コミュニケーション障害や対人恐怖症を抱えていることがあるかもしれません。

コミュ障とは?コミュ障(コミュニケーション障害)を診断するには?

対人恐怖症とは?対人恐怖症の症状とは?

これらが友達がいない人の特徴です。

友達がいないことが悪いことではありませんが、やはり生きていく中では人間関係を持っていないと何事も上手くいかないものです。友達がいることで人間関係楽しむことができ、それが勉強や仕事などを充実させることに繋がることは多くあります。

友達がいないことで悩んでいるのなら、まずは自分がどんな状況なのかを客観的に見つめてみるのが良いでしょう。
孤独にならないための友達の作り方

このページの先頭へ