友達をつくるメリットは?友達が多い人のデメリットは?

友達をつくる際に、友達をつくることのメリットやデメリットを予め考えて友達をつくるという方は少ないかもしれませんね。

ただ、実際に友達をつくることで得られるメリットやデメリットはあるのです。友達をつくる必要があるのかと思っている方はぜひ一度メリット、デメリットについて考えてみると良いでしょう。

そこで、友達をつくるメリットにはどういったものがあるのか、そして逆に友達が多い人のデメリットはあるのかについてまとめました。

孤独にならないための友達の作り方

友達をつくるメリットは?

友達をつくるメリットは、やはり多くの人と関わることで様々な情報や知識を持つことが出来るという点がありますよね。

また、友達がいることで悩みの相談に乗ってもらうことが出来ますし、一人では出掛けにくい場所にも行くことが出来ます。

友達を作るメリットは他にも色々ありますが、代表的なものについていくつか見ていきましょう。

様々な知識や情報を持つことが出来る

友達をつくることで、自分以外の人が持つ知識や情報を吸収することが出来ます。そうすることで、多角的な考え方が出来るようになったり、知識も豊富になります。

また、友達をつくることで集団行動が出来るようになったり、人付き合いの仕方が上手くなるというのもメリットと言えますね。

悩みの相談に乗ってもらえる

友達をつくると、何か悩んでいる際に相談にのってもらうことが出来ます。悩みは自分一人で考えていると行き詰ってしまう場合が多くありますが、友達に相談することで案外あっさりと解決することもありますよね。

また、悩みを人に話すというだけで、心の負担は軽くなりますので、悩みを相談できるというのは、友達をつくることのメリットの1つになります。

人との出会いが増える

友達がいると、友達がいない人よりも多くの人に出会うことが出来ます。友達と出会うというのもそうですが、友達の友達、友達の恋人など出会いの範囲は広がりますよね。

そうなると、結果的に自分自身の交友関係も広くなり、恋愛的な出会いやビジネス関係の出会いにも繋がっていくというメリットがあるでしょう。

友達が多い人のデメリットは?

友達が多い人のデメリットとしては、どういった友達と付き合うのかにもよりますが、時には苦手な人とも上手く付き合っていく必要があるということが挙げられます。

また、友達が多いことで自分一人の時間がなかなか持てないというのもデメリットと言えるかもしれません。

苦手な人とも付き合う必要がある

友達が多いということは、必然的に交友関係も広がりますので、場合によっては自分が苦手な人、嫌いなタイプの人とも接する必要があります。

自分に近い友達であれば、そういったことはないかもしれませんが、友達が増えて大人数で集まるような機会があれば、苦手な人がいても場の空気を壊さないようにふるまったり、気をつかって疲れてしまうこともあるでしょう。

自分一人の時間が持てない

友達が多くなると、友達からの誘いも増えますので、どうしても友達と一緒にいる時間が多くなります。

そのため、自分一人でいる時間が持てず、人によってはストレスに感じてしまう場合もあるかもしれません。

友達づくりはデメリットよりもメリットが大きい!

友達をつくるということ、そして多くの友達を持つということは、メリット、デメリットの両方の面があると言えます。

ただ、メリット、デメリットのどちらが大きいかと言えば、やはりメリットの方が大きいでしょう。

友達をつくると、世の中には様々な考え方の人がいることを知ることができ、自分自身の世界が広がり、出会いも増えます。

また、悩みごとを相談することも出来ますし、楽しいことは友達と共有することでより楽しさを感じられるでしょう。

友達づくりが苦手という人も多いかもしれませんが、実は友達をつくることはそれほど難しいことではないのです。

孤独にならないための友達の作り方は、友達づくりが苦手という人にも分かりやすく友達の作り方をレクチャーしてくれる教材となっていますので、ぜひ活用してみて下さい。

孤独にならないための友達の作り方

このページの先頭へ