コミュニケーション障害の原因とは?コミュ障の原因は親?

コミュニケーション障害やコミュ障といった言葉を最近よく耳にしますよね。コミュニケーション障害は、読んで字のごとくコミュニケーションに何らかの障害がある、つまり人と上手くコミュニケーションを取れないことを意味しています。

ただ、コミュニケーション障害は、元々コミュニケーションが上手く出来ないというわけではなく、何らかの原因でコミュ障になる場合がほとんどです。

では、一体なぜコミュニケーション障害になってしまうのでしょうか。コミュ障になるきっかけにはどのようなものがあるのでしょうか。

人に好かれる会話術【男女兼用】

コミュニケーション障害の原因とは?

コミュニケーション障害の原因は、人それぞれ異なりますので一概に何が原因と言うことは出来ません。また、コミュニケーション障害は、原因が1つではなく、複数存在する場合もあります。

ただ、コミュニケーション障害の原因としては、特に家庭や学校、職場などで何かしらのトラブルがあったことが多く挙げられます。

では、実際にコミュニケーション障害の原因として、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

家庭環境が原因の場合

小さい頃から両親の仲が険悪で暴力もあるなど、夫婦関係が良好ではない家庭環境で育った場合、コミュニケーション障害になってしまうケースがあります。

また、子供がいない夫婦でも、夫婦関係や義実家との関係から、夫、あるいは妻のどちらかがコミュニケーション障害になる場合もあります。

学校環境が原因の場合

学校環境が原因の場合、やはり特に多いのがいじめが原因でコミュニケーション障害になるケースです。小さい頃に学校でいじめられて、そのまま人が嫌いになり、コミュニケーション障害になる場合があります。

また、進学の際に希望する学校に進学できず、挫折して自分に自信を無くしたことが原因でコミュニケーション障害になってしまうこともあります。

職場環境が原因の場合

職場でも学校と同じくいじめが原因でコミュニケーション障害になるケースは少なくありません。

また、職場での人間関係に疲弊して、徐々に人と関わることが出来なくなる場合もありますし、仕事での失敗や挫折が原因でコミュニケーション障害になる場合もあります。

コミュ障の原因は親?

コミュ障の原因は親かと言うと、必ずしもそういうわけではありません。上記で記載したように、コミュ障の原因は様々ですし、全く親が関係ない原因でコミュ障になってしまう場合もあります。

ただ、一方でやはり親が原因でコミュ障になるケースもあります。例えば、親が子供の話を聞いてあげない、子供の話を一方的に否定するといった環境にあると、子供は話をすること自体に抵抗や恐怖を感じるようになります。

また、夫婦間や親と子供の間で会話が少ない、子供が楽しめるコミュニケーションが取れていないと、当然子供のコミュニケーション能力は発達しにくくなります。

もちろん、仮に子供の頃に家庭環境に問題があっても、コミュ障にならない人もいます。ただ、小さな子供にとって親の存在は非常に大きなものです。

家庭で良好なコミュニケーションを取れているか、親が子供の話をきちんと聞いてあげているかは、子供が人とのコミュニケーションを楽しめるかどうかに大きく関わってくると言っていいでしょう。

このように、コミュニケーション障害は人によって様々な原因があります。他の人にとっては何でもないことでも、ある人にとっては他人とのコミュニケーションに不具合が出来るきっかけになるのです。

ただ、コミュ障は自分で改善しようと努力することが出来ます。最近は、人に好かれる会話術のように、コミュ障を改善するためのテクニックやノウハウをまとめたアイテムもあります。

コミュニケーション障害は、自分一人ではなかなか解決が難しい場合もありますので、こういったアイテムを上手く活用すると良いでしょう。

人に好かれる会話術【男女兼用】

このページの先頭へ