会話下手は病気なの?話し下手はどんな病気が考えられる?

「人と会話が続かない」「人前に出るとうまく話しができない」など、他の人が当たり前にできていることが自分にできないのはどうしてなのかと、悩んでいる人は少なからずいるものです。

実は、会話力や話す能力をどうしても伸ばせないと感じている場合には、その原因に何かしらの病気が潜んでいる可能性も出てきます。

病気が原因であれば、会話が続かないことや話ができないことが苦手でも仕方ないと言えますが、それを改善して人とのコミュニケーションをスムーズにするためにも、どんな病気が考えられるのかチェックしておきましょう。
人に好かれる会話術【男女兼用】

会話下手は病気なの?

会話下手は病気なのか気になったことはありませんか?

人とコミュニケーションを取り、「友達を作りたい」「社会で人脈を築きたい」と思っていても、会話下手なことでいつもひとりぼっちな人はいます。

会話ができないことは次第に人と会話をするきっかけが減り、自身の無さや経験不足からさらに会話ができなくなくなることがあります。

会話下手とは?会話が下手な人の特徴とは

しかし、会話下手な人の中には、その原因が病気によるものの場合もあります。先天的、または後天的のなんらかの病気・障害を抱えていることで、会話下手に繋がっているというケースが見られています。

ただ、「自分が会話下手なのは病気だったんだ・・・」と意識し、ショックを受けて自信を失うことがあるかもしれませんが、深く悩むことや落ち込む必要はありません。

会話下手なことは自分のせいではなく、病気や障害によって起こっているのであればそれは全て病気のせいだと意識しておくと、気持ちは楽になるものです。

もちろん、今では理想の会話を実現させるための方法がありますので、病気や障害があっても、会話上手を目指していくことは可能なのです。

どうしても会話下手から抜け出せないと気づいたら、何かしらの病気・障害の可能性を考えてみる必要があります。

話し下手はどんな病気が考えられる?

話し下手はどんな病気が考えられるかというと、話し下手の原因が病気だと疑える場合、考えられる病気の種類は1つに限りません。話し下手を引き起こしてしまう病気には様々な種類や症状のパターンが挙げられます。

社交不安障害(SAD)

社会不安障害とは、社会的な場面に立った時に過度の不安や恐怖を感じてしまう症状の病気です。

この社交不安障害では、人に注目されることや恥をかくことを極端に心配する、人前に出ることで緊張しやすく赤面し手汗が止まらない、遠慮して自分の意見が言えないため自己主張ができないなどの症状が表れます。

誰にでも抱えてしまうような不安や緊張ですが、社交不安障害の場合にはこれらの不安や緊張が人よりも強いため、無意識に人接することや行動範囲を狭めてしまっていることで、話し下手になっていると考えられます。

吃音症・どもり

吃音症、どもりとは、言葉の発音がスムーズにできず、「こ、こ、こ、こんにちは」といった言葉を連続して発したり「・・・こんにちは」という一時的に無音状態になってしまったりなど、円滑に話せなくなる言語の症状のことです。

吃音症では、人に話しをする際にどもってしまうのではないか、と過度に緊張したり不安を感じてしまい、人と話すことや電話まで極力避けるようになります。

こういった経験不足から、人と話すきっかけがなく話下手の原因に繋がっていることもあります。

会話下手や話下手を良くするには自分と向き合う

会話下手や話下手が病気によるものだと思うと、会話上手になることを諦めてしまうかもしれませんが、それでは孤独や不安に一生悩まされることになります。反対に、会話さえうまくできれば、どんな人でも理想的な生活を作ることができるものです。

そのため、どれだけ努力をしても会話下手や話下手が解消されないなら、病気に向き合い、それぞれの改善や適切な対処が必要になってきます。

自分を知ることは会話下手や話下手を解消できる要因にもなりますので、会話下手や話下手を改善するには、こういった病気があることを踏まえて、適切な方法を選ぶようにしましょう。
人に好かれる会話術【男女兼用】

このページの先頭へ